iPhone XSをPCにミラーリングする二つの良い方法

前回更新 2019/05/24 更新者

iPhone XSはアップルの最新スマートフォンで、価格が前のiPhone Xよりも高くなりましたが、最近のスマホ売上ランキングでは、常に上位を占めています。既に古い機種からiPhone XSに変えて、iPhone XSを愛用しているユーザーもたくさんいると思います。iPhone XSは画面が5.8インチで更に大きくなりましたが、それに満足できず、画面の大きいPCモニターにミラーリングしたい方は、続いてのWindowsやMacパソコンにiPhone XSをミラーリングする二つの方法を使ってみてください。

iPhone XSをパソコンにミラーリングする方法

Windows/Mac両方対応「ApowerMirror」

ApowerMirrorはiPhone XSなどのiOSデバイス、及びAndroidデバイスをWindows/Macに画面ミラーリングするデスクトップ用ソフトウェアです。サードパティのソフトですが、iOS 8以降のiPhoneやiPadならすべて対応し、ミラーリングに使用するのもアップル公式のAirPlay技術です。なので、使う時はPCにApowerMirrorをインストールするだけで良いです、iPhone XS側には何のアプリもいりません。まずは下記の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、ApowerMirrorをパソコンにインストールしてから、次のガイドに従ってiPhone XSをWindowsにミラーリングしてみましょう。
無料ダウンロード

  1. iPhone XSをPCと同じWi-Fiネットワークに接続します。
  2. PCにインストールしたApowerMirrorを起動します。
  3. iPhone XSの画面を右上から逆方向にスワイプして、コントロールセンターを開いて、「画面ミラーリング」アイコンをタップして、検出される機器からPC名に「Apowersoft」の付いたものを選択します。

    iPhone XSをWindowsにミラーリング

  4. そうすればiPhone XS画面がPCにミラーリングされます。切断する場合は、前と同じようにコントロールセンターで操作すれば良いです。

    iPhone XSをPCにミラーリング

上述のはWindows PCへのミラーリング方法ですが、同じ方法でMac PCにもミラーリング可能です。使い方は割と簡単で、有料ソフトですが、アカウントを登録すれば、ほとんどの機能が無料で使えます。

Macユーザー向け:公式方法QuickTime

お使いのMac PCがOS X Yosemite以降である場合、Mac内蔵のQuickTime PlayerでiPhone XSを含むiOSデバイスをミラーリングできます。公式方法なので、安全で便利です。MacもiPhoneも他のアプリは一切不要で、Wi-Fi接続はできませんが、USBケーブルで接続可能で、Wi-Fiより安定です。ただ、アップルのパソコンMacのみ対応なので、Windowsのユーザーは一番目の方法を使ってください。では、QuickTimeでiPhone XSをMacにミラーリングする方法を説明します。

  1. iPhone XSをライトニングケーブルでMacに接続します。
  2. Macの「アプリケーション」を開いて、QuickTimeを起動します。
  3. 画面トップのQuickTimeのメニューバーから、「ファイル」をクリックして、「新規ムービー収録」をクリックします。

    iPhone XSをQuickTimeにミラーリング

  4. それでFaceTimeカメラから映像が映し出されますが、ツールバーの録画ボタンの右にある下向きの矢印アイコンをクリックして、カメラとマイクのオプションをそれぞれiPhone XS(表示されるのはiPhoneに付けたデバイス名)に変更すれば、iPhone XSがMacに表示されます。

    iPhone XSをMacにミラーリング

この方法ですが、公式方法とはいえ、ApowerMirrorと同じ、キャプチャーできるのは片方の音声のみで、iPhoneの音とマイクの声を一緒に録画することはできません。これもアップルのAirPlayの仕様なので、仕方ありません。

結論

以上がiPhone XSをPCにミラーリングする二種の良い方法でした。iPhone XSだけでなく、同世代のiPhone XS MaxとiPhone XR、及び前世代のiPhone XやiPhone 8などの機種も全部上述の方法が使えます。Windows PCのユーザーなら、断然ApowerMirrorが良いです。ワイヤレスでミラーリングしたいMacのユーザーもApowerMirrorがおすすめですが、ライトニングケーブルでの安定的なミラーリングをしたいMacユーザーは公式のQuickTimeが一番良いチョイスです。

評価: 4.8 / 5 (合計10人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2018/10/23 関連カテゴリ: iOS, 小技とリソース 前回更新 2019/05/24

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向き APKをダウンロード