【iPhone 7】充電しながらイヤホンで音楽を聴く方法

前回更新 2017/01/18 更新者

iPhone 7が発売されてから数カ月経ちました。iPhone 7を使っている人が多いようです。ところが、今までの機種と異なり、iPhone 7には3.5mmイヤホンジャックがなくなります。lightning直結タイプのイヤフォンであるEarPodsまたはLightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプターを使って音楽を聴くことができますが、充電時に、Lightningコネクターが占有されていますので、イヤフォンで音楽の視聴ができません。「それは不便ですね」と思っている人が多いです。では、今回は、充電しながら音楽を聴く方法をご紹介します。

iPhone 7で充電しながらイヤホンで音楽を聴く方法

1. ApowerMirror

ApowerMirrorはAirPlayを利用して、脱獄不要でiPhoneの画面及び音声をpcに出力できます。それで、iPhoneに保存されている動画や音楽をパソコンに出力してヘッドセットで視聴することが可能です。iPhone 7で充電しながら、音楽を聴くには、以下の手順を踏んでください。

ティップス:iPhoneとpcは同じWi-Fiに接続していることを確保します。

2. AirMore

AirMoreはコンピュータでスマホのファイルを無線で管理整理できる無料のアプリです。このアプリでは、画像、動画、音楽、などのファイルのインポート、エクスポート及び削除が可能です。このアプリケーションはブラウザで起動し、対応できるブラウザはChrome、Firefox及びSafariを含みます。対応機種はAndroidとiOSシステムを搭載している全ての端末です。さらに、スマホ内の音楽をpcで再生できます。では、iPhone 7を充電しながら、音楽を聴く方法を見ましょう。

また、iPhone内の音楽をpcに転送し、pcの音楽プレーヤーで再生することも可能です。

ご注意:システム制限で、AirMoreはiTunesからダウンロードした音楽を読み込むことができません。

3. iPhone Lightning Dock

apple-lightning-dock

上記方法と異なり、この方法はソフトウェアの使用ではなく、iPhone 7を充電しながら、音楽を聴くことができるようにさせるデバイスです。これはApple社の販売中の製品で、iPhone 7 & 7 Plusを充電できるだけでなく、前の機種も充電できます。

ドックからLightningコネクターだけが突き出していて、ドックの背面に、Lightningポートとヘッドホンポートが備わっているデザインです。iPhoneをLightningコネクターに繋げば、充電できます。ヘッドセットをヘッドホンポートに挿入すれば、音楽を聴けます。

4. AirPods

apple-lightning-dock

昨年のAppleイベントによると、Apple社はAirPodsを発売したことがわかります。AirPodsはワイヤレスイヤホンで、耳にかけると自動的に接続し、耳から外せば自動的に接続を切断できます。また、それを使って電話に出ることや、Siriで通話することも可能です。

iPhone 7で充電しながら、音楽を聴くには、上記方法はすべて役立ちます。ApowerMirrorとAirMoreは機能が様々ですが、使用するにはPCが必要です。iPhone Lightning DockとAirPodsは高価ですが、機能が少ないです。

評価: 4.3 / 5 (合計20人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者: 2017/01/18 関連カテゴリ: 小技とリソース 前回更新 2017/01/18

コメントを書く

お名前を記入してください!
コメント詳細を記入してください!

コメント (0)

サポート
シェア
ダウンロード
コメント
トップに戻る
PC向き APKをダウンロード